HOME > 主要設備 > 材料試作 > 管状炉(大、小)

管状炉(大、小)

主な用途

セラミックス、金属間化合物、金属粉末、繊維強化複合材料等の加熱・焼結を行います。


主な仕様

製造元:不明

炉形式管状炉
加熱方式シリコニットヒータによる抵抗加熱
加熱中雰囲気N2,Arガス使用時:大気圧+α
真空および真空置換時:50 Pa
最高使用温度Ar:~1500 ℃  N2:~1500 ℃  真空:~1500 ℃
昇温速度RT ~1500 ℃最大5 ℃/分
有効炉内寸法管状炉大 内寸:φ70×200 mm(1400℃での均熱領域±5 ℃)
管状炉小 内寸:φ50×140 mm(1300℃での均熱領域±5 ℃)

主な特徴

  • (1)真空・常圧での雰囲気制御が可能で、雰囲気焼結炉として使用可能です。
  • (2)サイドに覗き窓があり横方向からの試料観察が可能です。

装置の説明図および写真

管状炉大小の外観
管状炉大小の外観

 実績・その他情報

覗き窓から状態観察の様子(管状炉大)
覗き窓から状態観察の様子
(管状炉大)

▲ ページのトップへ

主要設備 製品案内 お問い合わせ 交通アクセス

株式会社 超高温材料研究センター
〒755-0001
山口県宇部市大字沖宇部573番地の3
TEL:0836-51-7007
FAX:0836-51-7011