HOME > 主要設備 > 熱物性解析・構造解析 > 熱膨張率測定装置

熱膨張率測定装置

主な用途

非透光性固体材料(金属系材料、炭素系材料、セラミックス系材料)……粉末成形体もOK.

熱膨張測定概要(PDF) [43kb]
※PDFファイルをご覧になるためには、Acrobat Readerが必要です。


主な仕様

対象試料非透光性固体材料
試料寸法
試料寸法標準寸法は右図の通り。
高さH10×奥行D10×長さL40/34 mm
板状試料も測定可能。
雰囲気Ar
温度標準は1800 ℃まで。
それ以上はご相談。
測長レーザ走査方式による非接触測定

主な特徴

  • 室温から最高1950 ℃までの温度範囲での試料の長さを計測することにより、伸び、熱膨張率、線膨張係数が得られます。
  • 長さ測定にはレーザ光を使用した非接触光学系を用いています。レーザ光を一定速度で走査し、試料によってレーザ光が遮られている時間から試料長を算出します。
  • 非接触式ですので無加重で測定できます。粉末成形体も測定できます。


装置の説明図および写真

熱膨張率測定装置の概略図
熱膨張率測定装置の概略図
装置の外観
装置の外観

実績・その他情報

Al2O3の測定例
Al2O3の測定例
炭素材料の測定例
炭素材料の測定例

▲ ページのトップへ

主要設備 製品案内 お問い合わせ 交通アクセス わかりやすい超高温材料 超高温材料のおはなし

株式会社 超高温材料研究センター
〒755-0001
山口県宇部市大字沖宇部573番地の3
TEL:0836-51-7007
FAX:0836-51-7011