HOME > 主要設備 > 熱物性解析・構造解析

主要設備

熱物性解析

各装置名をクリックすると、詳しい説明がご覧になれます。

装置名称 主な用途
熱定数測定装置 固体材料の熱拡散率および熱伝導率の測定。
光走査式熱膨張率測定装置 非透光性固体材料(金属系材料、炭素系材料、セラミックス系材料)……粉末成形体も測定可能
押棒式熱膨張率測定装置 固体材料(金属系材料、炭素系材料、セラミックス系材料)
示差走査熱量計(高温DSC) 融解、結晶化、相転移、反応の熱量及び温度の測定、比熱容量の測定
示差走査熱量計(低温DSC)
TG-DTA 融解、結晶化、相転移、分解反応の発現温度、熱量変化の定性的評価と重量変化が解析
投下法カロリーメーター
  • 各種材料のエンタルピー測定
  • エンタルピーの温度依存性よる比熱、融解熱等の測定
放射率測定装置 金属系材料および金属系材料表面に形成した膜の半球全放射率測定

構造解析

各装置名をクリックすると、詳しい説明がご覧になれます。

装置名称 主な用途
高温X線回析装置(休止中) 高温中での物質の定性・定量分析、結晶粒子等の結晶構造解析
X線回析装置 物質の定性・定量分析、結晶粒子等の結晶構造解析

▲ ページのトップへ

主要設備 製品案内 お問い合わせ 交通アクセス

株式会社 超高温材料研究センター
〒755-0001
山口県宇部市大字沖宇部573番地の3
TEL:0836-51-7007
FAX:0836-51-7011